JR外房線 地価・土地価格(公示地価)

JR外房線における2022年の地価・土地価格(公示地価)は坪単価 23.4万円/坪(7.1 万円/㎡)でした。 坪単価は、前年に比べて+23.0 %(5.4万円/坪、1.6万円/㎡)上昇しました。 公示地価はJR外房線内の79地点の地価データに基づき計算したもので、標準的な土地の値段、評価額(土地代)がいくらになるかを示すものです。

『地価・土地価格(公示地価)』は、建物などの価値を除いた更地としての標準的な価値・土地の値段を示したものです。

2022 年
住宅地 公示地価
23.4 万円/坪
( 7.1 万円/㎡)
前年比
+23.0 %

固定資産税
(平均値)
3,280 円/坪
( 992 円/㎡)
2022 年
商業地 公示地価
111 万円/坪
( 33.5 万円/㎡)
前年比
+3.4 %

固定資産税
(平均値)
15,499 円/坪
( 4,689 円/㎡)
2022 年
工業地 公示地価
22.0 万円/坪
( 6.7 万円/㎡)
前年比
+44.5 %

固定資産税
(平均値)
3,078 円/坪
( 931 円/㎡)
用途:

(※価格情報は「用途」ごとに算定しています)

このページでは、JR外房線の「地価・土地価格(公示地価)」に関する情報を提供しています。 「駅距離」や「面積」を指定して公示地価がいくらになるか計算したり、地価データの一覧や経年推移、土地の値段を簡単に調べることができます。

土地の価格相場(評価額)がいくらになるかすぐに計算したい場合は「地価・土地価格(公示地価) 計算ツール」をご利用ください。 条件から簡単に土地の価格相場(評価額・売却相場)を計算することができます。

記事監修:岩野 愛弓 記事監修:岩野 愛弓

記事監修:岩野 愛弓

宅地建物取引士・日商簿記2級
注文住宅会社で15年以上、不動産売買、建築デザイン企画、営業企画等に従事。 主に土地や中古住宅の売買契約、金融・司法書士手続きを経験。 自身でも土地、中古住宅、商業施設等の売買経験あり。 2016年より住宅・不動産専門ライターとしても活動中。 多数の不動産メディアで執筆・監修。

最も公示地価の高い沿線・駅は、『本千葉駅』における22.0 万円/坪(6.7 万円/㎡)、 最も低い沿線・駅は、『新茂原駅』における3.9 万円/坪(1.2 万円/㎡)、 上昇率が最も大きい沿線・駅は『本千葉駅』における+6.8 %、 上昇率が最も小さい沿線・駅は『新茂原駅』における+0.0 %でした。

沿線・駅ごとの公示地価

住宅地 公示地価 前年比
千葉駅 42.4万円/坪 +12.5 %
本千葉駅 39.0万円/坪 +2.1 %
蘇我駅 34.7万円/坪 +0.4 %
鎌取駅 31.4万円/坪 +1.0 %
誉田駅 16.2万円/坪 -2.0 %
土気駅 24.9万円/坪 +25.5 %
大網駅 10.9万円/坪 +12.7 %
永田駅 9.3万円/坪 +0.0 %
本納駅 3.8万円/坪 -9.9 %
新茂原駅 10.8万円/坪 +20.0 %
茂原駅 7.0万円/坪 +7.8 %
八積駅 4.1万円/坪 +6.2 %
上総一ノ宮駅 5.9万円/坪 +3.4 %
東浪見駅 7.5万円/坪 +7.5 %
太東駅 3.3万円/坪 -27.3 %
長者町駅 5.6万円/坪 +26.0 %
三門駅 5.2万円/坪 -0.3 %
大原駅 6.9万円/坪 -3.0 %
浪花駅 4.3万円/坪 -2.7 %
御宿駅 6.3万円/坪 +13.7 %
勝浦駅 7.0万円/坪 +10.4 %
鵜原駅 6.2万円/坪 -1.6 %
上総興津駅 8.4万円/坪 +17.8 %
安房小湊駅 6.0万円/坪 -0.6 %
安房天津駅 6.1万円/坪 -0.5 %
安房鴨川駅 8.4万円/坪 +8.9 %
商業地 公示地価 前年比
千葉駅 206万円/坪 -5.5 %
本千葉駅 75.6万円/坪 +2.9 %
蘇我駅 60.8万円/坪 -5.6 %
鎌取駅 70.1万円/坪 +2.8 %
誉田駅 28.9万円/坪 +0.0 %
土気駅 51.2万円/坪 +0.0 %
大網駅 22.8万円/坪 +6.9 %
新茂原駅 11.5万円/坪 +0.0 %
茂原駅 16.2万円/坪 -1.8 %
八積駅 4.8万円/坪 -0.7 %
上総一ノ宮駅 9.9万円/坪 +0.8 %
長者町駅 6.6万円/坪 -1.0 %
大原駅 9.4万円/坪 -1.8 %
御宿駅 9.4万円/坪 -2.5 %
勝浦駅 13.6万円/坪 +6.3 %
上総興津駅 9.1万円/坪 -2.9 %
安房天津駅 8.6万円/坪 -0.4 %
安房鴨川駅 12.1万円/坪 +2.4 %
工業地 公示地価 前年比
本千葉駅 22.0万円/坪 +6.8 %
新茂原駅 3.9万円/坪 +0.0 %

地価・土地価格(公示地価) 計算ツール

駅距離や面積などの条件から『JR外房線』における地価・土地価格(公示地価)の平均値を簡単に計算することができます。 また、固定資産税評価額に基づき固定資産税を計算します。 JR外房線における固定資産税がいくらになるか、目安としてご利用ください。 また、相続税評価額に基づき相続税を計算します。 JR外房線における相続税がいくらになるか、目安としてご利用ください。



条件選択
{{easy_obj.unit}}
単位:


計算中です

公示地価 算定結果

{{easy_obj.price|number_nicely:true:easy_obj.unit}} 万円

相続税(土地) 算定結果

{{calcInheritanceTax(easy_obj.price, easy_obj.unit)|number_nicely:true}} 万円

固定資産税 算定結果

{{easy_obj.price * 1.4 / 100|number_nicely:true:easy_obj.unit}} 万円

※『地価・土地価格(公示地価)』は、建物などの価値を除いた更地としての標準的な価値・土地の値段を示したものです。

物件売却検討中の方は「売却相場の確認」をご利用ください。 実際の土地価格を簡単に確認することができます。

算定方法について

「トチノカチ」が提供する公示地価は国土交通省が公表する公示地価、都道府県地価調査に基づき、 条件が類似する土地価格情報に基づき『回帰分析(Regression Analysis)』を用いて算定したもので、 『不動産鑑定士』などの専門家が実際に不動産物件の価格査定を行う際に用いる方法と同等の算定手法を適用しています。

土地の売却相場を調べる

土地を所有している場合は「無料一括査定サービス」が適しています。 所有している土地の価格相場(売却相場)を、複数の不動産会社に実際に計算してもらうことができます。

手間がかからず「無料」で「1分程度」で申し込むことができるので、 初めての方も以下のリンクから試しに利用してみると良いでしょう。

リビンマッチは東証上場最大手で少ない入力項目で簡単に申し込めます。 SUUMOはカバーエリアが広く特に東京・首都圏以外の方に適しています。 イエウールは申し込み時の入力フォームが入力しやすく初めての方におすすめです。

土地の相続税の計算方法

JR外房線の土地の相続税がいくらになるか、計算方法を紹介します。

相続税は、相続税評価額から基礎控除を除いた金額(課税遺産総額)に税率を掛け、控除額を引いて計算します。 計算式は以下の通りです。

相続税 = (相続税評価額 - 基礎控除額) × 税率 - 控除額

基礎控除額の計算方法は、「3,000万円 + 法定相続人数 × 600万円」となります。 例えば、妻と子供2人の合計3人が法定相続人である場合は、「3,000万円 + 3人 × 600万円 = 4,800万円」が基礎控除額となります。

・相続税の税率と控除額

相続税の税率と控除額は国税庁が公表している以下の税率表に従って計算します。 なお、土地以外の相続財産がある場合は、それらも含めて評価する必要がある点にご注意ください。

相続税評価額 税率 控除額
1,000万円以下 10% -
1,000万円超~3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超~5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超~1億円以下 30% 700万円
1億円超~2億円以下 40% 1,700万円
2億円超~3億円以下 45% 2,700万円
3億円超~6億円以下 50% 4,200万円
6億円超~ 55% 7,200万円

・小規模住宅地等の特例

相続する土地が、小規模な宅地である場合は、宅地の相続税評価額が最大で80%も減額される制度が『小規模住宅地等の特例』です。 減額される割合は以下の表を参考にして計算してください。

相続開始の直前における宅地等の利用区分 要件 限度面積 減額される割合
被相続人等の
事業の用に
供されていた宅地等
貸付事業以外の事業用の宅地等 特定事業用宅地 400㎡ 80%
貸付事業用の
宅地等
一定の法人に貸し付けられ、
その法人の事業
(貸付事業を除きます)用の
宅地等
特定同族会社事業用宅地 400㎡ 80%
貸付事業用宅地 200㎡ 50%
一定の法人に貸し付けられ、
その法人の貸付事業用の宅地等
貸付事業用宅地 200㎡ 50%
被相続人等の
貸付事業用の宅地等
貸付事業用宅地 200㎡ 50%
被相続人等の居住の用に供されていた宅地等 特定居住用宅地 330㎡ 80%

・複数の相続人に対する相続税の計算

法定相続人が複数人いる場合は、計算が複雑になります。 課税遺産総額(相続税評価額から基礎控除額を除いた金額)を一度、相続人ごとに分配し、相続人ごとに相続税を計算します。 その後、相続税の総額を実際の相続割合で分配し各相続人の相続税額を計算します。

以下に、実際の計算例を説明します。

・相続税の計算例

例えば、相続税評価額1億円の土地を、妻と子供2人で相続する場合は、以下のように計算を行います。

1. 課税遺産総額の計算

まず、相続税評価額から基礎控除額を引くことで『課税遺産総額』を計算します。 今回のケースでは5,200万円が課税遺産総額となります。

1億円(相続税評価額) - (3,000万円 + 600万円 × 3)(基礎控除額) = 5,200万円(課税遺産総額)
2. 課税遺産総額を相続人ごとに分配

計算した課税遺産総額を、相続人ごとに分配します。 今回、相続人ごとの分配割合は妻が1/2、2人の子供はそれぞれ1/4ですので、課税遺産総額の分配金額は以下の通りです。

  • 妻:5,200万円 × 1/2 = 2,600万円
  • 子1:5,200万円 × 1/4 = 1,300万円
  • 子2:5,200万円 × 1/4 = 1,300万円
3. 相続人ごとの相続税を計算

相続人ごとの分配金額に税率を掛け、控除額を引くことで相続人ごとの相続税額を計算します。 その後、各相続人の相続税の和をとることで、相続税の「総額」を計算します。 今回のケースでは630万円が相続税の総額となります。

  • 妻:2,600万円 × 15%(税率) - 50万円(控除額) = 340万円
  • 子1:1,300万円 × 15%(税率) - 50万円(控除額) = 145万円
  • 子2:1,300万円 × 15%(税率) - 50万円(控除額) = 145万円
相続税の総額:340万円 + 145万円 + 145万円 = 630万円
4. 相続税の総額を改めて相続割合で分配

相続税の総額を改めて相続割合(妻が1/2、2人の子供はそれぞれ1/4)で分配し、相続人ごとの相続税額を計算します。

  • 妻:630万円 × 1/2 = 315万円
  • 子1:630万円 × 1/4 = 157.5万円
  • 子2:630万円 × 1/4 = 157.5万円
5. 配偶者の税額減税を考慮

配偶者は、1.6億円または配偶者の法定相続分相当額の金額のいずれか多い金額に対しては相続税がかからないため、今回の相続税は軽減対象となります。

まとめると、各相続人の納税額は以下の通りになります。

  • 妻:0
  • 子1:157.5 万円
  • 子2:157.5 万円

相続人が複数いる場合の相続税の計算方法は以上です。

土地の固定資産税の計算方法

JR外房線の固定資産税がいくらになるか、計算方法を紹介します。

固定資産税は、固定資産税評価額(課税標準額)に標準税率となる1.4%を掛けることで計算することができます。 なお、税率は自治体によっては1.5%や1.6%と異なる場合もあるためご注意ください。

固定資産税 = 固定資産税評価額 × 1.4% (標準税率)

固定資産税評価額は、固定資産税の基準となる価格です。 公示地価 計算ツールの計算結果や、地点ごとの固定資産税評価額を参照します。 また、家屋がある場合は、土地・家屋に分けて、それぞれ計算を行います。 なお、土地・家屋とも居住用の場合には、それぞれ以下の固定資産税の減免を考慮して計算します。

・土地(住宅用地)の固定資産税の減免

住宅用地の場合、特例により税負担の軽減・減免があります。 200平方メートル以下の住宅用地は「小規模住宅用地」として課税標準額が6分の1、小規模住宅用地以外の住宅用地は「一般住宅用地」として、課税標準額が3分の1に減額・減免されます。 なお、200平方メートル以上の住宅用地の場合、そのうち200平方メートルまでは小規模住宅用地として扱われ、超えた部分のみ一般住宅用地として計算します。

・家屋の固定資産税の減免

2022年3月31日までに建てられた新築住宅は固定資産税の税額減額措置(減免)があります。 税額減額措置(減免)によって、新築住宅にかかる固定資産税は戸建ての場合で3年間、マンションの場合は5年間、2分の1に減額 ・減免し計算します。

その他、認定長期優良住宅、耐震改修工事、省エネ工事、バリアフリー工事などに伴う減税・減免があります。 減税・減免に関しての詳しい条件や申請方法は、各自治体のホームページをご覧いただくか、お住まい地域の自治体へお問い合わせください。

JR外房線 公示地価の推移

用途:

(※価格情報は「用途」ごとに算定しています)


住宅地 公示地価 前年比
2022 23.4万円/坪 +23.0 %
2021 18.0万円/坪 +0.7 %
2020 17.9万円/坪 +1.0 %
2019 17.7万円/坪 +1.4 %
2018 17.5万円/坪 -0.7 %
2017 17.6万円/坪 +2.3 %
2016 17.2万円/坪 -0.8 %
2015 17.3万円/坪 -0.5 %
2014 17.4万円/坪 +0.7 %
2013 17.3万円/坪 +2.2 %
2012 16.9万円/坪 -1.7 %
2011 17.2万円/坪 -1.1 %
2010 17.4万円/坪 -3.9 %
2009 18.1万円/坪 -4.1 %
2008 18.8万円/坪 +3.3 %
2007 18.2万円/坪 +2.4 %
2006 17.8万円/坪 +2.7 %
2005 17.3万円/坪 -6.8 %
2004 18.4万円/坪 -9.4 %
2003 20.2万円/坪 -11.9 %
2002 22.6万円/坪 -9.6 %
2001 24.7万円/坪 -12.3 %
2000 27.8万円/坪 -12.1 %
1999 31.2万円/坪 -14.4 %
1998 35.7万円/坪 -7.1 %
1997 38.2万円/坪 -8.5 %
1996 41.4万円/坪 -8.8 %
1995 45.1万円/坪 -7.9 %
1994 48.6万円/坪 -17.2 %
1993 57.0万円/坪 -21.5 %
1992 69.3万円/坪 -19.0 %
1991 82.4万円/坪 +7.1 %
1990 76.5万円/坪 +20.6 %
1989 60.8万円/坪 +21.3 %
1988 47.8万円/坪 +36.4 %
1987 30.4万円/坪 +15.6 %
1986 25.7万円/坪 +1.9 %
1985 25.2万円/坪 -7.3 %
1984 27.0万円/坪 +1.1 %
商業地 公示地価 前年比
2022 111万円/坪 +3.4 %
2021 107万円/坪 -0.1 %
2020 107万円/坪 +8.7 %
2019 97.7万円/坪 +6.8 %
2018 91.1万円/坪 +31.9 %
2017 62.0万円/坪 +0.2 %
2016 61.9万円/坪 -0.9 %
2015 62.4万円/坪 +1.5 %
2014 61.5万円/坪 -2.1 %
2013 62.8万円/坪 -1.6 %
2012 63.8万円/坪 -3.4 %
2011 65.9万円/坪 -4.0 %
2010 68.6万円/坪 -11.5 %
2009 76.5万円/坪 -10.0 %
2008 84.1万円/坪 +10.2 %
2007 75.6万円/坪 +7.4 %
2006 69.9万円/坪 +7.0 %
2005 65.1万円/坪 -5.2 %
2004 68.4万円/坪 -9.3 %
2003 74.8万円/坪 +3.2 %
2002 72.4万円/坪 -5.4 %
2001 76.3万円/坪 -16.7 %
2000 89.1万円/坪 -20.1 %
1999 107万円/坪 -16.3 %
1998 124万円/坪 -9.4 %
1997 136万円/坪 -30.4 %
1996 177万円/坪 -50.9 %
1995 268万円/坪 -31.8 %
1994 353万円/坪 -35.4 %
1993 478万円/坪 -25.9 %
1992 602万円/坪 -20.6 %
1991 726万円/坪 +5.7 %
1990 684万円/坪 +16.1 %
1989 574万円/坪 +27.9 %
1988 414万円/坪 +79.2 %
1987 86.2万円/坪 +38.4 %
1986 53.1万円/坪 +6.1 %
1985 49.8万円/坪 -11.0 %
1984 55.3万円/坪 +1.8 %
工業地 公示地価 前年比
2022 22.0万円/坪 +44.5 %
2021 12.2万円/坪 +5.7 %
2020 11.5万円/坪 +1.6 %
2019 11.3万円/坪 +1.5 %
2018 11.2万円/坪 +0.9 %
2017 11.1万円/坪 +0.9 %
2016 11.0万円/坪 +0.0 %
2015 11.0万円/坪 +0.0 %
2014 11.0万円/坪 -0.6 %
2013 11.0万円/坪 -0.9 %
2012 11.1万円/坪 -2.8 %
2011 11.4万円/坪 -2.6 %
2010 11.7万円/坪 -2.8 %
2009 12.1万円/坪 -4.0 %
2008 12.5万円/坪 +2.6 %
2007 12.2万円/坪 +1.5 %
2006 12.0万円/坪 -3.7 %
2005 12.5万円/坪 -13.9 %
2004 14.2万円/坪 -15.7 %
2003 16.4万円/坪 -11.6 %
2002 18.3万円/坪 -16.2 %
2001 21.3万円/坪 -14.0 %
2000 24.3万円/坪 -14.3 %
1999 27.8万円/坪 -14.9 %
1998 31.9万円/坪 -17.6 %
1997 37.5万円/坪 -18.5 %
1996 44.5万円/坪 +49.1 %
1995 22.6万円/坪 -5.1 %
1994 23.8万円/坪 -4.2 %
1993 24.8万円/坪 -6.7 %
1992 26.4万円/坪 -13.8 %
1991 30.1万円/坪 +14.0 %
1990 25.9万円/坪 +28.6 %
1989 18.5万円/坪 +23.1 %
1988 14.2万円/坪 +18.6 %
1987 11.6万円/坪 +2.9 %
1986 11.2万円/坪 +0.0 %
1985 11.2万円/坪 +1.2 %
1984 11.1万円/坪 +1.8 %

JR外房線 公示地価 推移の調べ方

土地価格情報について

土地の価値をあらわす「価格指標(評価額)」は、以下の4種類に整理することができます。

時価(実勢価格)
過去に実際に市場で売買された土地の平均価格。「時価」といわれます。
公示地価(公示価格)
国土交通省から毎年3月下旬頃に発表される、毎年1月1日時点の土地の価値を算定した価格(土地評価額)です。一般の土地取引における客観的な地価の目安とされる金額です。
路線価(相続税評価額)
国税庁から毎年7月上旬頃に発表される、路線(道路)に面する標準的な宅地の価値を算定した価格(土地評価額)です。 土地の相続税や贈与税の計算時に用いられる土地の評価額となります。 公示地価の概ね8割を目処として設定されると国土交通省より発表されており、公示地価の80%程度が目安となります。
固定資産税評価額
固定資産税を算出するための評価額として国税庁が算定する価格です。 概ね、公示地価の70%程度が目安となります。固定資産税は基本的に3年ごとに評価替えがあります。 土地の固定資産税は、固定資産税評価額に1.4%を掛けて算定します。 なお、住宅やアパート等の土地(住宅用地)の場合は、固定資産税の減免・軽減措置が適用される場合があります。

『トチノカチ』が提供する『地価』は、以下の「公示地価」および「都道府県地価調査」データ(以下、参照)に基づき計算しています。 『路線価』および『固定資産税評価額』は、それぞれ「公示地価』の『8割』および『7割』として計算しています。

地価公示 都道府県地価調査
実施主体 国土交通省 土地鑑定委員会 各都道府県 知事
調査方法 不動産鑑定士2名による鑑定評価 不動産鑑定士1名による鑑定評価
価格の性格 1月1日時点の正常な価格(売手にも買手にもかたよらない客観的な価格) 7月1日時点の正常な価格(売手にも買手にもかたよらない客観的な価格)
価格の内容 標準地(更地)1㎡当たりの価格 標準地(更地)1㎡当たりの価格
公表内容 所在、価格、地積、土地利用状況、駅への接近状況等 所在、価格、地積、土地利用状況、駅への接近状況等
公表時期 3月 9月
調査地点 全国約2.6万地点 全国約2.3万地点

運営会社について

『トチノカチ』は、中古マンション、中古住宅、土地価格相場サービスを提供する『ウチノカチ』が提供する、 地価公示、路線価(相続税評価額)、固定資産税評価額に特化した地価情報サービスです。

ご利用条件等は、ウチノカチの 利用規約 および プライバシーポリシー をご確認ください。 サービスおよび掲載情報についてのお問い合わせはウチノカチのお問い合わせ窓口までお気軽にお問い合わせください。

トチノカチの安心・安全への取り組み

国土交通省 トチノカチは、国土交通省 土地鑑定委員会が提供する最新データに基づき公示地価、路線価(相続税評価額)、固定資産税評価額を提供します。
トチノカチは、誰もが安心して不動産取引を行えるように、個人情報保護に留意しながら品質の高い不動産価格情報の提供に取り組みます。
トチノカチは、情報の信頼性を高め、ユーザのみなさまに安心して土地相場をお調べいただけるよう、様々な取組みを行なっています。