千葉市 路線価(相続税路線価)

千葉市 路線価(相続税路線価、相続税評価額)

千葉市における2023年の住宅地の路線価(相続税路線価、相続税評価額)の平均値は坪単価 32.8万円/坪(9.9 万円/㎡)です。 坪単価は、前年(2022年)に比べて+1.2%(0.4万円/坪、0.12万円/㎡)上昇しています。

このページでは、千葉市内の264地点の地価データに基づき、最新の「路線価」の情報を提供しています。 駅からの距離や土地の面積を指定して想定される路線価を計算することもできます

千葉市の路線価(住宅地)
32.8 万円/坪
㎡単価
年度
前年比
9.9 万円/㎡
2023
+1.2%
千葉市の路線価(商業地)
110 万円/坪
㎡単価
年度
前年比
33.3 万円/㎡
2023
+4.7%
千葉市の路線価(工業地)
17.0 万円/坪
㎡単価
年度
前年比
5.2 万円/㎡
2023
+5.0%
用途:

(※価格情報は「用途」ごとに算定しています)

この記事は不動産鑑定士の竹内英二氏、宅地建物取引士の岩野愛弓氏により監修されたものです

記事監修:竹内 英二
【監修者】

不動産鑑定士

竹内 英二 (監修者)

注文住宅会社で15年以上、不動産売買、建築デザイン企画、営業企画等に従事。 主に土地や中古住宅の売買契約、金融・司法書士手続きを経験。 自身でも土地、中古住宅、商業施設等の売買経験あり。 2016年より住宅・不動産専門ライターとしても活動中。 多数の不動産メディアで執筆・監修。 続きを読む...

記事監修:岩野 愛弓
【監修者】

宅地建物取引士・日商簿記2級

岩野 愛弓 (監修者)

注文住宅会社で15年以上、不動産売買、建築デザイン企画、営業企画等に従事。 主に土地や中古住宅の売買契約、金融・司法書士手続きを経験。 自身でも土地、中古住宅、商業施設等の売買経験あり。 2016年より住宅・不動産専門ライターとしても活動中。 多数の不動産メディアで執筆・監修。 続きを読む...

路線価(相続税評価額、相続税路線価)とは『相続税』の計算に用いられる土地の価格指標(評価額)です。『路線価(相続税評価額、相続税路線価)』は、地価・土地価格(公示地価)の『8割』として算定しています。

このページは、千葉市の最新の「路線価」の情報を提供しています。 「駅距離」や「面積」などを指定して路線価がいくらになるか計算したり、地価データの一覧や経年推移、土地の値段、用途地域などを簡単に調べることができます。 また、路線価(相続税評価額、相続税路線価)に基づき、千葉市における土地の相続税(概算金額・目安)がいくらになるか計算方法を紹介します。

また、千葉市における将来の人口推移に基づく、今後10年間の土地の価格相場の将来見通しも説明します。

千葉市の路線価の地点数は264件のみで、路線価の地点数が少ないエリアです。 千葉市の土地の売却、処分を考えていたり、既に不動産会社に売却を相談しているものの全然売れないといったお悩みをお持ちの方は『不動産一括査定サイト』のご利用をおすすめめします。 従来、地方の不動産会社では十分に客付けができず、土地の売却が難しかったり売却まで何年もかかることが多くありました。 近年、全国の不動産会社にインターネットで一括で査定を依頼をすることで短期間、高価格での売却に成功する事例が増えてきています

なお、実際の土地の価格相場は土地の形状、道路との接面方位、日当たり、眺望など、物件ごとの個別要因を考慮する必要があります。 過去の取引事例を確認したり、詳細な価格相場を調べるには無料で簡単に利用できる『不動産一括査定サイト』の利用が便利です。

千葉市 路線価の調べ方

トチノカチを利用して千葉市の路線価を調べる方法を紹介します。

千葉市の路線価の推移・動向を調べる

千葉市における、住宅地、商業地、工業地などの土地の用途ごとの路線価の推移・動向は以下の通りです。

千葉市の商業地の路線価長期的に安定成長していることが確認できます。具体的に、千葉市における直近3年間(2021-2023年)の商業地の路線価(105.4万円/坪)は、10年前の2013年の路線価(67.2万円/坪)を上回っており、かつ、直近10年間において路線価が上昇した年が3点以上(2018-2020, 2022, 2023年)存在します。これは、千葉市において商業地の不動産市場が健全な成長トレンドにあることを示しており、持続的な成長パターンを示唆しています。

千葉県全体との比較

千葉市の住宅地の路線価(直近3年間)は平均32.4万円/坪に達し、千葉県全体の直近3年間の平均である26.0万円/坪よりも20-30%高いという顕著な差があります。この大きな価格差は、千葉県内で土地の需要が特に高い地域であることを示しています。

千葉市の商業地の路線価(直近3年間)は平均105.4万円/坪に達し、千葉県全体の直近3年間の平均である83.6万円/坪よりも20-30%高いという顕著な差があります。この大きな価格差は、千葉県内で特に商業地の需要が高いエリアであることを示しています。

千葉市の市街化調整区域内の現況林地の路線価(直近3年間)は、千葉県全体の直近3年間の平均である0.5万円/坪に比べて3-10%と僅かに高い水準を示しています。この僅かな価格差は、千葉県内の他の地域と比較して独自の魅力を持っていることを示しています。

隣接エリアとの比較

千葉市の住宅地(32.8万円/坪, 2023年)を隣接エリアと比較すると、周辺エリアである茂原市(6.9万円/坪), 佐倉市(17.6万円/坪), 東金市(6.6万円/坪), 習志野市(46.6万円/坪), 市原市(13.2万円/坪), 八千代市(30.3万円/坪), 四街道市(16.6万円/坪), 八街市(5.5万円/坪), 大網白里市(7.6万円/坪)の住宅地の平均価格である16.8万円/坪に比べて30%以上高く、近隣エリアで最も高い習志野市と対比しても際立っています。この差異は、千葉市の住宅地がアクセスの良さや生活便利性が評価されていることが示唆されます。

千葉市の商業地(110万円/坪, 2023年)を隣接エリアと比較すると、周辺エリアである茂原市(13.9万円/坪), 佐倉市(29.3万円/坪), 東金市(13.3万円/坪), 習志野市(115万円/坪), 市原市(30.3万円/坪), 八千代市(61.2万円/坪), 四街道市(36.0万円/坪), 八街市(14.2万円/坪), 大網白里市(18.2万円/坪)の商業地の平均価格である36.8万円/坪に比べて30%以上高く、近隣エリアで最も高い習志野市と対比しても際立っています。この差異は、千葉市の商業地がアクセスの良さや生活便利性が評価されていることが示唆されます。

千葉市の工業地(17.0万円/坪, 2023年)を隣接エリアと比較すると、周辺エリアである茂原市(3.1万円/坪), 佐倉市(8.2万円/坪), 東金市(4.4万円/坪), 習志野市(29.3万円/坪), 市原市(8.2万円/坪), 八千代市(14.7万円/坪), 四街道市(10.6万円/坪)の工業地の平均価格である11.2万円/坪に比べて30%以上高く、近隣エリアで最も高い習志野市と対比しても際立っています。この差異は、千葉市の工業地がアクセスの良さや生活便利性が評価されていることが示唆されます。

隣接エリアの土地価格記事

隣接するエリアの土地価格を確認したい場合は、以下の記事をご参照ください。
住宅地 路線価 前年比 地点数
茂原市 6.9万円/坪 +1.3% 18
佐倉市 17.6万円/坪 +1.0% 54
東金市 6.6万円/坪 +0.1% 11
習志野市 46.6万円/坪 +2.4% 37
市原市 13.2万円/坪 +2.3% 94
八千代市 30.3万円/坪 +0.9% 51
四街道市 16.6万円/坪 +1.3% 29
八街市 5.5万円/坪 -0.5% 10
大網白里市 7.6万円/坪 +0.5% 13
商業地 路線価 前年比 地点数
茂原市 13.9万円/坪 -0.1% 7
佐倉市 29.3万円/坪 +1.2% 9
東金市 13.3万円/坪 +0.2% 5
習志野市 115万円/坪 +6.8% 5
市原市 30.3万円/坪 +1.2% 13
八千代市 61.2万円/坪 +2.1% 8
四街道市 36.0万円/坪 +2.5% 3
八街市 14.2万円/坪 -1.2% 4
大網白里市 18.2万円/坪 +4.9% 2
工業地 路線価 前年比 地点数
茂原市 3.1万円/坪 +0.0% 1
佐倉市 8.2万円/坪 +4.7% 2
東金市 4.4万円/坪 +0.6% 1
習志野市 29.3万円/坪 +11.2% 2
市原市 8.2万円/坪 +5.7% 11
八千代市 14.7万円/坪 +6.0% 3
四街道市 10.6万円/坪 +3.2% 1
林地 路線価 前年比 地点数
市原市 115万円/坪 -0.9% 1
記事監修:竹内 英二

不動産鑑定士

竹内 英二のコメント

長期スパンで相続税路線価の動向がわかるようになっています。相続税路線価は公示地価と連動しているため、公示地価とほぼ同じ値動きを示すことが特徴です。土地価格は国内の景気動向を反映したものとなっています。
用途:

(※価格情報は「用途」ごとに算定しています)

千葉市の路線価の推移・動向


千葉県 千葉市における年別推移

千葉県 千葉市における路線価の年別推移は以下の通りです。各年ごとに前年比、地点数を確認できるため、路線価のトレンド変化を確認することができます。

住宅地 路線価 前年比 地点数
2023 32.8万円/坪 +1.2% 264
2022 32.4万円/坪 +1.3% 258
2021 32.0万円/坪 +0.6% 253
2020 31.8万円/坪 +1.0% 247
2019 31.5万円/坪 +1.7% 245
2018 30.9万円/坪 +1.6% 244
2017 30.4万円/坪 +2.5% 243
2016 29.7万円/坪 +0.5% 217
2015 29.5万円/坪 +0.6% 217
2014 29.4万円/坪 +1.0% 215
2013 29.1万円/坪 +0.2% 211
2012 29.0万円/坪 -1.6% 210
2011 29.5万円/坪 -1.9% 208
2010 30.1万円/坪 -2.9% 206
2009 30.9万円/坪 -4.7% 203
2008 32.4万円/坪 +3.4% 203
2007 31.3万円/坪 +2.8% 202
2006 30.4万円/坪 +0.4% 200
2005 30.3万円/坪 -3.4% 195
2004 31.3万円/坪 -6.3% 192
2003 33.2万円/坪 -8.3% 186
2002 36.0万円/坪 -8.5% 183
2001 39.0万円/坪 -8.7% 180
2000 42.4万円/坪 -8.8% 177
1999 46.2万円/坪 -10.9% 174
1998 51.2万円/坪 -6.8% 170
1997 54.6万円/坪 -6.3% 167
1996 58.1万円/坪 -10.6% 167
1995 64.2万円/坪 -5.2% 162
1994 67.6万円/坪 -11.8% 155
1993 75.6万円/坪 -20.8% 135
1992 91.4万円/坪 -23.5% 133
1991 113万円/坪 +8.4% 132
1990 103万円/坪 +18.0% 132
1989 84.8万円/坪 +10.1% 111
1988 76.2万円/坪 +42.1% 98
1987 44.1万円/坪 +20.6% 96
1986 35.0万円/坪 +0.4% 89
1985 34.8万円/坪 +0.7% 83
1984 34.6万円/坪 +1.2% 80
商業地 路線価 前年比 地点数
2023 110万円/坪 +4.7% 74
2022 105万円/坪 +3.7% 73
2021 101万円/坪 -0.2% 72
2020 101万円/坪 +7.6% 70
2019 93.5万円/坪 +4.7% 68
2018 89.1万円/坪 +23.5% 67
2017 68.1万円/坪 +0.9% 63
2016 67.6万円/坪 +0.9% 61
2015 66.9万円/坪 -0.8% 61
2014 67.5万円/坪 +0.3% 56
2013 67.2万円/坪 -1.1% 55
2012 68.0万円/坪 -2.8% 55
2011 69.9万円/坪 -4.2% 53
2010 72.9万円/坪 -6.5% 51
2009 77.6万円/坪 -7.5% 49
2008 83.4万円/坪 +8.8% 48
2007 76.1万円/坪 +5.3% 47
2006 72.0万円/坪 -0.9% 44
2005 72.6万円/坪 -3.6% 38
2004 75.2万円/坪 -7.3% 38
2003 80.7万円/坪 -4.8% 38
2002 84.6万円/坪 -8.9% 30
2001 92.1万円/坪 -13.8% 29
2000 105万円/坪 -18.2% 28
1999 124万円/坪 -16.8% 28
1998 145万円/坪 -11.3% 25
1997 161万円/坪 -27.0% 23
1996 205万円/坪 -36.9% 22
1995 280万円/坪 -36.8% 22
1994 383万円/坪 -30.3% 20
1993 499万円/坪 -27.5% 17
1992 636万円/坪 -21.9% 17
1991 775万円/坪 +3.9% 17
1990 745万円/坪 +18.6% 17
1989 607万円/坪 +11.7% 14
1988 535万円/坪 +66.9% 10
1987 177万円/坪 +42.2% 8
1986 102万円/坪 +7.3% 8
1985 94.8万円/坪 -0.5% 8
1984 95.2万円/坪 +2.2% 7
工業地 路線価 前年比 地点数
2023 17.0万円/坪 +5.0% 19
2022 16.2万円/坪 +3.7% 19
2021 15.6万円/坪 -0.6% 19
2020 15.7万円/坪 +1.9% 17
2019 15.4万円/坪 +0.5% 16
2018 15.3万円/坪 +1.0% 15
2017 15.2万円/坪 -0.2% 15
2016 15.2万円/坪 +1.2% 14
2015 15.0万円/坪 +0.8% 14
2014 14.9万円/坪 +0.4% 14
2013 14.8万円/坪 -0.6% 14
2012 14.9万円/坪 -1.5% 14
2011 15.1万円/坪 -1.8% 14
2010 15.4万円/坪 -2.5% 14
2009 15.8万円/坪 -3.2% 14
2008 16.3万円/坪 +4.2% 14
2007 15.6万円/坪 +2.1% 14
2006 15.3万円/坪 -3.6% 14
2005 15.8万円/坪 -10.3% 14
2004 17.5万円/坪 -16.1% 14
2003 20.3万円/坪 -5.7% 13
2002 21.4万円/坪 -12.6% 11
2001 24.1万円/坪 -12.7% 11
2000 27.2万円/坪 -11.6% 11
1999 30.3万円/坪 -13.0% 11
1998 34.3万円/坪 -10.9% 11
1997 38.0万円/坪 -15.0% 11
1996 43.7万円/坪 -13.0% 11
1995 49.4万円/坪 -13.3% 6
1994 56.0万円/坪 -12.6% 4
1993 63.1万円/坪 -22.6% 4
1992 77.4万円/坪 -19.2% 4
1991 92.2万円/坪 +2.5% 4
1990 89.9万円/坪 +22.2% 4
1989 70.0万円/坪 +20.7% 3
1988 55.5万円/坪 +36.5% 3
1987 35.3万円/坪 +32.0% 3
1986 24.0万円/坪 -21.3% 3
1985 29.1万円/坪 +1.8% 1
1984 28.6万円/坪 +0.0% 1

千葉県における年別推移  
詳細を表示する

千葉県における路線価の年別推移は以下の通りです。各年ごとに前年比、地点数を確認できるため、路線価のトレンド変化を確認することができます。

住宅地 路線価 前年比 地点数
2023 26.9万円/坪 +4.3% 1772
2022 25.8万円/坪 +1.7% 1748
2021 25.3万円/坪 +1.1% 1725
2020 25.0万円/坪 +1.7% 1695
2019 24.6万円/坪 +1.4% 1660
2018 24.3万円/坪 +0.8% 1639
2017 24.1万円/坪 +1.7% 1616
2016 23.7万円/坪 +0.4% 1517
2015 23.6万円/坪 +0.5% 1502
2014 23.5万円/坪 -0.1% 1480
2013 23.5万円/坪 +0.6% 1404
2012 23.3万円/坪 -1.8% 1383
2011 23.8万円/坪 -1.6% 1375
2010 24.1万円/坪 -4.6% 1366
2009 25.2万円/坪 -4.9% 1355
2008 26.5万円/坪 +2.4% 1347
2007 25.8万円/坪 +3.4% 1337
2006 25.0万円/坪 +0.9% 1324
2005 24.7万円/坪 -3.2% 1304
2004 25.5万円/坪 -5.4% 1278
2003 26.9万円/坪 -8.3% 1262
2002 29.2万円/坪 -8.4% 1235
2001 31.6万円/坪 -8.9% 1220
2000 34.4万円/坪 -10.1% 1197
1999 37.9万円/坪 -11.3% 1170
1998 42.2万円/坪 -5.4% 1128
1997 44.5万円/坪 -5.1% 1111
1996 46.8万円/坪 -8.5% 1095
1995 50.7万円/坪 -4.3% 1038
1994 52.9万円/坪 -11.7% 955
1993 59.1万円/坪 -21.3% 745
1992 71.7万円/坪 -21.4% 718
1991 87.0万円/坪 +5.7% 702
1990 82.1万円/坪 +20.6% 662
1989 65.2万円/坪 +12.5% 574
1988 57.0万円/坪 +39.2% 539
1987 34.6万円/坪 +16.8% 520
1986 28.8万円/坪 +0.8% 482
1985 28.6万円/坪 -0.6% 456
1984 28.8万円/坪 +1.6% 418
商業地 路線価 前年比 地点数
2023 87.1万円/坪 +5.0% 365
2022 82.7万円/坪 +2.1% 359
2021 81.0万円/坪 +0.0% 353
2020 81.0万円/坪 +6.8% 348
2019 75.4万円/坪 +6.6% 337
2018 70.4万円/坪 +6.6% 335
2017 65.8万円/坪 +1.6% 320
2016 64.7万円/坪 +2.7% 305
2015 63.0万円/坪 +0.4% 297
2014 62.7万円/坪 -1.5% 285
2013 63.6万円/坪 -1.4% 273
2012 64.5万円/坪 -3.6% 271
2011 66.9万円/坪 -3.4% 263
2010 69.1万円/坪 -7.9% 258
2009 74.6万円/坪 -8.1% 252
2008 80.6万円/坪 +6.5% 246
2007 75.4万円/坪 +8.3% 242
2006 69.1万円/坪 +2.2% 238
2005 67.6万円/坪 -3.3% 228
2004 69.8万円/坪 -8.3% 223
2003 75.6万円/坪 -4.2% 217
2002 78.9万円/坪 -12.7% 190
2001 88.8万円/坪 -15.8% 187
2000 103万円/坪 -18.5% 180
1999 122万円/坪 -17.3% 171
1998 143万円/坪 -14.1% 162
1997 163万円/坪 -18.4% 145
1996 193万円/坪 -35.5% 142
1995 262万円/坪 -28.3% 128
1994 336万円/坪 -26.4% 120
1993 424万円/坪 -27.1% 94
1992 539万円/坪 -20.7% 93
1991 651万円/坪 +4.5% 89
1990 621万円/坪 +20.4% 86
1989 494万円/坪 +13.9% 74
1988 426万円/坪 +56.7% 63
1987 184万円/坪 +44.1% 52
1986 103万円/坪 +19.5% 47
1985 82.8万円/坪 +1.3% 41
1984 81.7万円/坪 +1.8% 32
工業地 路線価 前年比 地点数
2023 19.4万円/坪 +10.2% 96
2022 17.4万円/坪 +6.8% 96
2021 16.2万円/坪 +2.6% 95
2020 15.8万円/坪 +5.0% 91
2019 15.0万円/坪 +2.9% 87
2018 14.6万円/坪 +4.8% 83
2017 13.9万円/坪 +3.2% 76
2016 13.4万円/坪 +5.2% 70
2015 12.7万円/坪 +3.0% 67
2014 12.4万円/坪 -0.8% 66
2013 12.5万円/坪 +4.0% 63
2012 12.0万円/坪 +1.8% 62
2011 11.7万円/坪 -3.2% 60
2010 12.1万円/坪 -3.9% 59
2009 12.6万円/坪 -2.7% 58
2008 12.9万円/坪 +8.4% 58
2007 11.8万円/坪 +4.0% 58
2006 11.4万円/坪 -3.2% 56
2005 11.7万円/坪 -13.6% 56
2004 13.3万円/坪 -16.3% 54
2003 15.5万円/坪 -11.0% 51
2002 17.2万円/坪 -15.1% 48
2001 19.8万円/坪 -13.9% 47
2000 22.5万円/坪 -13.7% 47
1999 25.6万円/坪 -13.0% 47
1998 29.0万円/坪 -9.0% 47
1997 31.6万円/坪 -10.7% 46
1996 34.9万円/坪 -9.5% 46
1995 38.3万円/坪 -13.8% 37
1994 43.5万円/坪 -7.5% 29
1993 46.8万円/坪 -21.3% 21
1992 56.8万円/坪 -18.4% 19
1991 67.2万円/坪 +7.2% 19
1990 62.4万円/坪 +25.4% 19
1989 46.5万円/坪 +10.9% 16
1988 41.4万円/坪 +38.9% 13
1987 25.3万円/坪 +37.5% 9
1986 15.8万円/坪 +3.0% 8
1985 15.4万円/坪 +1.6% 5
1984 15.1万円/坪 +1.0% 5
林地 路線価 前年比 地点数
2023 59.0万円/坪 -0.7% 11
2022 59.4万円/坪 -0.6% 11
2021 59.8万円/坪 -0.7% 11
2020 60.2万円/坪 -0.7% 11
2019 60.6万円/坪 -0.6% 11
2018 61.0万円/坪 -0.7% 11
2017 61.4万円/坪 -0.5% 11
2016 61.7万円/坪 -0.6% 11
2015 62.1万円/坪 -0.9% 11
2014 62.7万円/坪 -0.9% 11
2013 63.2万円/坪 -1.5% 11
2012 64.2万円/坪 -1.9% 11
2011 65.4万円/坪 -2.6% 11
2010 67.1万円/坪 -2.9% 11
2009 69.0万円/坪 -3.3% 11
2008 71.3万円/坪 -0.9% 11
2007 71.9万円/坪 -1.3% 11
2006 72.9万円/坪 -7.0% 11
2005 78.0万円/坪 -13.8% 11
2004 88.7万円/坪 -31.2% 11
2003 116万円/坪 -42.8% 11
2002 166万円/坪 -59.2% 11
2001 264万円/坪 -48.7% 8
2000 393万円/坪 -28.2% 7
1999 504万円/坪 -22.8% 7
1998 619万円/坪 -8.2% 6
1997 670万円/坪 -3.9% 6
1996 696万円/坪 -3.6% 6
1995 722万円/坪 -3.2% 6
1994 745万円/坪 +13.1% 6
1993 647万円/坪 -0.8% 3
1992 652万円/坪 -2.7% 3
1991 670万円/坪 +14.5% 3
1990 573万円/坪 +28.5% 3
1989 410万円/坪 +16.2% 3
1988 344万円/坪 +0.9% 3
1987 340万円/坪 +0.0% 3
1986 340万円/坪 -1.0% 3
1985 344万円/坪 +0.0% 2
1984 344万円/坪 +0.0% 2

千葉市 路線価 推移・動向の調べ方

トチノカチにおいて路線価の推移・動向の調べ方を動画で紹介します。

固定資産税の計算方法の説明

千葉市の固定資産税がいくらになるか、計算方法を紹介します。

固定資産税は、固定資産税評価額(課税標準額)に標準税率となる1.4%を掛けることで計算することができます。 なお、税率は自治体によっては1.5%や1.6%と異なる場合もあるためご注意ください。

固定資産税 = 固定資産税評価額 × 1.4% (標準税率)

固定資産税評価額は、固定資産税の基準となる価格です。 路線価 計算ツールの計算結果や、地点ごとの固定資産税評価額を参照します。 また、家屋がある場合は、土地・家屋に分けて、それぞれ計算を行います。 なお、土地・家屋とも居住用の場合には、それぞれ以下の固定資産税の減免を考慮して計算します。

・土地(住宅用地)の固定資産税の減免

住宅用地の場合、特例により税負担の軽減・減免があります。 200平方メートル以下の住宅用地は「小規模住宅用地」として課税標準額が6分の1、小規模住宅用地以外の住宅用地は「一般住宅用地」として、課税標準額が3分の1に減額・減免されます。 なお、200平方メートル以上の住宅用地の場合、そのうち200平方メートルまでは小規模住宅用地として扱われ、超えた部分のみ一般住宅用地として計算します。

・家屋の固定資産税の減免

2022年3月31日までに建てられた新築住宅は固定資産税の税額減額措置(減免)があります。 税額減額措置(減免)によって、新築住宅にかかる固定資産税は戸建ての場合で3年間、マンションの場合は5年間、2分の1に減額 ・減免し計算します。

その他、認定長期優良住宅、耐震改修工事、省エネ工事、バリアフリー工事などに伴う減税・減免があります。 減税・減免に関しての詳しい条件や申請方法は、各自治体のホームページをご覧いただくか、お住まい地域の自治体へお問い合わせください。

固定資産税の納税

毎年6月上旬に、千葉県から固定資産ごとに「納税通知書」が送付されます。 納税通知書に記載された納税金額、支払方法に基づき納税手続きを行います。 固定資産税は、納期に応じて複数回に分けて納税可能な場合があります。 納期の詳細は、納税通知書に記載されています。

なお、課税内容、課税金額に不服がある場合は、納税通知書を受け取った日から3か月以内に、千葉県知事に対して文書により審査請求をすることができます。 このとき、審査請求書は、千葉県のホームページ等から入手することができます。

土地の相続税の計算方法

千葉市の土地の相続税がいくらになるか、計算方法を紹介します。 なお、相続税の概要は、『相続税の基礎知識』、『相続税の申告および納税』において説明しています。

相続税は、相続税評価額から基礎控除を除いた金額(課税遺産総額)に税率を掛け、控除額を引いて計算します。 計算式は以下の通りです。

相続税 = (相続税評価額 - 基礎控除額) × 税率 - 控除額

基礎控除額の計算方法は、「3,000万円 + 法定相続人数 × 600万円」となります。 例えば、妻と子供2人の合計3人が法定相続人である場合は、「3,000万円 + 3人 × 600万円 = 4,800万円」が基礎控除額となります。

・相続税の税率と控除額

相続税の税率と控除額は国税庁が公表している以下の税率表に従って計算します。 なお、土地以外の相続財産がある場合は、それらも含めて評価する必要がある点にご注意ください。

相続税評価額 税率 控除額
1,000万円以下 10% -
1,000万円超~3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超~5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超~1億円以下 30% 700万円
1億円超~2億円以下 40% 1,700万円
2億円超~3億円以下 45% 2,700万円
3億円超~6億円以下 50% 4,200万円
6億円超~ 55% 7,200万円

・小規模住宅地等の特例

相続する土地が、小規模な宅地である場合は、宅地の相続税評価額が最大で80%も減額される制度が『小規模住宅地等の特例』です。 減額される割合は以下の表を参考にして計算してください。

相続開始の直前における宅地等の利用区分 要件 限度面積 減額される割合
被相続人等の
事業の用に
供されていた宅地等
貸付事業以外の事業用の宅地等 特定事業用宅地 400㎡ 80%
貸付事業用の
宅地等
一定の法人に貸し付けられ、
その法人の事業
(貸付事業を除きます)用の
宅地等
特定同族会社事業用宅地 400㎡ 80%
貸付事業用宅地 200㎡ 50%
一定の法人に貸し付けられ、
その法人の貸付事業用の宅地等
貸付事業用宅地 200㎡ 50%
被相続人等の
貸付事業用の宅地等
貸付事業用宅地 200㎡ 50%
被相続人等の居住の用に供されていた宅地等 特定居住用宅地 330㎡ 80%

・複数の相続人に対する相続税の計算

法定相続人が複数人いる場合は、計算が複雑になります。 課税遺産総額(相続税評価額から基礎控除額を除いた金額)を一度、相続人ごとに分配し、相続人ごとに相続税を計算します。 その後、相続税の総額を実際の相続割合で分配し各相続人の相続税額を計算します。

以下に、実際の計算例を説明します。

・相続税の計算例

例えば、相続税評価額1億円の土地を、妻と子供2人で相続する場合は、以下のように計算を行います。

1. 課税遺産総額の計算

まず、相続税評価額から基礎控除額を引くことで『課税遺産総額』を計算します。 今回のケースでは5,200万円が課税遺産総額となります。

1億円(相続税評価額) - (3,000万円 + 600万円 × 3)(基礎控除額) = 5,200万円(課税遺産総額)
2. 課税遺産総額を相続人ごとに分配

計算した課税遺産総額を、相続人ごとに分配します。 今回、相続人ごとの分配割合は妻が1/2、2人の子供はそれぞれ1/4ですので、課税遺産総額の分配金額は以下の通りです。

  • 妻:5,200万円 × 1/2 = 2,600万円
  • 子1:5,200万円 × 1/4 = 1,300万円
  • 子2:5,200万円 × 1/4 = 1,300万円
3. 相続人ごとの相続税を計算

相続人ごとの分配金額に税率を掛け、控除額を引くことで相続人ごとの相続税額を計算します。 その後、各相続人の相続税の和をとることで、相続税の「総額」を計算します。 今回のケースでは630万円が相続税の総額となります。

  • 妻:2,600万円 × 15%(税率) - 50万円(控除額) = 340万円
  • 子1:1,300万円 × 15%(税率) - 50万円(控除額) = 145万円
  • 子2:1,300万円 × 15%(税率) - 50万円(控除額) = 145万円
相続税の総額:340万円 + 145万円 + 145万円 = 630万円
4. 相続税の総額を改めて相続割合で分配

相続税の総額を改めて相続割合(妻が1/2、2人の子供はそれぞれ1/4)で分配し、相続人ごとの相続税額を計算します。

  • 妻:630万円 × 1/2 = 315万円
  • 子1:630万円 × 1/4 = 157.5万円
  • 子2:630万円 × 1/4 = 157.5万円
5. 配偶者の税額減税を考慮

配偶者は、1.6億円または配偶者の法定相続分相当額の金額のいずれか多い金額に対しては相続税がかからないため、今回の相続税は軽減対象となります。

まとめると、各相続人の納税額は以下の通りになります。

  • 妻:0
  • 子1:157.5 万円
  • 子2:157.5 万円

相続人が複数いる場合の相続税の計算方法は以上です。

条件から路線価を計算する

駅距離や面積などの条件を指定して『千葉市』において想定される路線価(相続税路線価、相続税評価額)を計算することができます。 また、固定資産税評価額に基づき固定資産税を計算します。 千葉市における固定資産税がいくらになるか、目安としてご利用ください。 また、相続税評価額に基づき相続税を計算します。 千葉市における相続税がいくらになるか、目安としてご利用ください。

記事監修:岩野 愛弓

宅地建物取引士・日商簿記2級

岩野 愛弓のコメント

固定資産税評価額の概算額を計算することができます。土地の購入をするときに、不動産取得税や登録免許税がどれくらい必要か、参考にすることができます。



条件選択
{{easy_obj.unit}}
単位:
計算

路線価(相続税路線価) 計算ツール

「条件選択」から条件を選択し、「計算する」ボタンを押すと算定結果がここに表示されます。


計算中です

路線価 算定結果

{{easy_obj.price|number_nicely:true:easy_obj.unit}} 万円

相続税(土地) 算定結果

{{calcInheritanceTax(easy_obj.price, easy_obj.unit)|number_nicely:true}} 万円

固定資産税 算定結果

{{easy_obj.price * 1.4 / 100|number_nicely:true:easy_obj.unit}} 万円

※『路線価(相続税評価額、相続税路線価)』は、地価・土地価格(公示地価)の『8割』として算定しています。また、『相続税』は相続税評価額から基礎控除(法定相続人数を1人と仮定)を除いた金額に税率を掛け、控除額を減じて算定しています。なお、住宅・賃貸住宅等が立っている場合には小規模宅地等の特例による評価額の減額を考慮する必要がある点にご注意ください。

算定された価格相場は過去の類似物件に基づき算定された平均的な取引価格です。 実際の物件の価格相場は、物件ごとの個別要因を考慮する必要があり、 以下の「不動産一括査定サイト」を利用することにより計算できます。

算定方法について

「トチノカチ」が提供する路線価は国土交通省が公表する公示地価、都道府県地価調査に基づき、 条件が類似する土地価格情報に基づき『回帰分析(Regression Analysis)』を用いて算定したもので、 『不動産鑑定士』などの専門家が実際に不動産物件の価格査定を行う際に用いる方法と同等の算定手法を適用しています。

また、『相続税』は相続税評価額から基礎控除(法定相続人数を1人と仮定)を除いた金額に税率を掛け、控除額を減じて算定しています。なお、住宅・賃貸住宅等が立っている場合には小規模宅地等の特例による評価額の減額を考慮する必要がある点にご注意ください。

土地の売却相場を調べる
PR

実際の土地の価格相場は、学区等の周辺環境、近くにある公共施設・商業施設へのアクセス等の立地条件、土地の形状、道路との接面方位、日当たり、眺望など、物件ごとの個別要因を考慮する必要があります。

一般の方は、これらの要因を考慮して計算することは困難ですが「不動産一括査定サイト」を利用することにより無料で価格相場を計算してもらうことができます。 また、千葉市において条件が類似する過去の取引物件の情報も入手できるため、価格算定の参考にできます

しかし、「不動産一括査定サイト」といっても十数社の企業が提供しており、どの査定サービスを利用すればいいのか迷ってしまうでしょう。 トチノカチでは、専門家による監修のもと、様々な観点から不動産査定サイトを比較しました(比較記事はこちら)。

以下のサイトは、「査定を受け付けているカバーエリア」「利用時の入力しやすさ」「個人情報保護」の観点から特に評価が高いサイトです。 いずれも、「無料」で「1分程度」で安心してご利用いただけます。

記事監修:岩野 愛弓

宅地建物取引士・日商簿記2級

岩野 愛弓のコメント

無料の不動産一括査定サイトとは、複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスです。査定で確認できるのは実勢価格(時価)です。固定資産税評価額と実勢価格は異なります。詳細な固定資産税評価額の確認は、固定資産評価証明書の取得などで把握できます。

千葉市のエリア、沿線・駅の最新動向を調べる

このセクションでは、千葉市に含まれるエリアごとに路線価の詳細な情報を提供します。 例えば、最も路線価が高いエリアと最も低いエリア、上昇率が最も大きいエリアと最も小さいエリア、を比較しそれぞれの特徴と価格動向を探ります。 千葉市において土地の値段が上がりそうな地域、値段が上がる駅を探す際にも役立ちます。

なお、千葉市における個別地点の路線価を確認したい場合は『地点ごとの路線価の価格推移を調べる』をご覧ください。 また、物件をお持ちの方で、自身の物件と類似する物件の過去の取引事例を調べたい場合は『不動産一括査定サイト』からお申し込みください。 無料で類似する過去の取引事例を手軽に入手できます。

記事監修:竹内 英二

不動産鑑定士

竹内 英二のコメント

相続税路線価は公示地価と連動しており、毎年、公表される情報です。路線価地域であれば前面道路に土地の単価が割り振られているため、自分の土地の目の前の土地単価を知ることができます。前年比に注目することで値動きもわかります。

エリアごとの路線価の最新情報

最も路線価の高いエリアは、『千葉市 美浜区』における45.2 万円/坪(13.7 万円/㎡)、 最も低いエリアは、『千葉市 緑区』における18.9 万円/坪(5.7 万円/㎡)、 上昇率が最も大きいエリアは『千葉市 稲毛区』における+9.4%、 上昇率が最も小さいエリアは『千葉市 花見川区』における-3.7%です。

千葉市 緑区』『千葉市 稲毛区』『千葉市 中央区』は、価格上昇率が5%を超えており、特に注目されている地域です。この地域における土地価格の上昇理由も調べてみましょう。

千葉市 若葉区』は、価格上昇率が3%を超えており、この地域の不動産市場は安定的な市場成長を示している可能性があります。

住宅地の価格相場の特徴

千葉市中央区(36.9万円/坪), 千葉市花見川区(36.1万円/坪)の路線価は、千葉市全体の直近3年間の平均である32.4万円/坪よりも10-20%高い水準を示しています。この顕著な価格差は、千葉市内で特に不動産需要が高いエリアであることを示しています。公共交通機関へのアクセス、教育機関や公的施設の充実など、住宅購入者に魅力的な要素が多くあります。これにより、千葉市内でも特に価値の高い不動産市場となっています。

千葉市稲毛区(39.0万円/坪)の路線価は平均39.0万円/坪に達し、千葉市全体の直近3年間の平均である32.4万円/坪よりも20-30%高いという顕著な差があります。この大きな価格差は、千葉市内で土地の需要が特に高い地域であることを示しています。

千葉市美浜区(45.2万円/坪)の路線価は平均45.2万円/坪に達し、千葉市全体の直近3年間の平均である32.4万円/坪と比較して30%以上も高く、この大幅な差は千葉市内で最も希望される住宅地の一つであることを示しています。この地域の土地価格は、良好な生活環境を求める人々による強い需要によって引き起こされていることが示唆されます。

商業地の価格相場の特徴

千葉市中央区(132万円/坪)の路線価は平均132.3万円/坪に達し、千葉市全体の直近3年間の平均である105.4万円/坪よりも20-30%高いという顕著な差があります。この大きな価格差は、千葉市内で特に商業地の需要が高いエリアであることを示しています。

工業地の価格相場の特徴

千葉市中央区(17.0万円/坪)の路線価は、千葉市全体の直近3年間の平均である16.3万円/坪に比べて3-10%とわずかに高い水準を示しています。このわずかな価格差は、千葉市内の他の工業地と比較して特有の生産や物流の利点があることを示しています。

千葉市美浜区(20.7万円/坪)の路線価は平均20.7万円/坪に達し、千葉市全体の直近3年間の平均である16.3万円/坪よりも20-30%高いという顕著な差があります。この大きな価格差は、千葉市内で特に工業地の需要が高い地域であることを示しています。

沿線・駅ごとの路線価の最新情報

最も路線価の高い沿線・駅は、『京成千葉線』における48.5 万円/坪(14.7 万円/㎡)、 最も低い沿線・駅は、『京成本線』における18.5 万円/坪(5.6 万円/㎡)、 上昇率が最も大きい沿線・駅は『京成千葉線』における+21.3%、 上昇率が最も小さい沿線・駅は『京成本線』における+0.8%です。

京成千葉線』は、最も路線価が高いエリアでかつ、価格上昇率も高いことから、この地域の不動産市場は顕著に成長していることが伺えます。

京成本線』は、最も路線価が低いエリアでかつ、価格上昇率も低いことから、この地域の不動産市場は下降傾向にあるといえます。

千葉都市モノレール2号線』『千葉都市モノレール1号線』『京成千葉線』『京成千原線』『JR総武線快速』『JR総武線』『JR総武本線』『JR外房線』『JR内房線』は、価格上昇率が5%を超えており、特に注目されている地域です。この地域における土地価格の上昇理由も調べてみましょう。

住宅地の価格相場の特徴

JR総武線快速(34.0万円/坪)の路線価は、千葉市全体の直近3年間の平均である32.4万円/坪に比べて3-10%と僅かに高い水準を示しています。この僅かな価格差は、千葉市内の他の地域と比較して独自の魅力を持っていることを示しています。

JR京葉線(36.7万円/坪)の路線価は、千葉市全体の直近3年間の平均である32.4万円/坪よりも10-20%高い水準を示しています。この顕著な価格差は、千葉市内で特に不動産需要が高いエリアであることを示しています。公共交通機関へのアクセス、教育機関や公的施設の充実など、住宅購入者に魅力的な要素が多くあります。これにより、千葉市内でも特に価値の高い不動産市場となっています。

JR総武線(40.8万円/坪)の路線価は平均40.8万円/坪に達し、千葉市全体の直近3年間の平均である32.4万円/坪よりも20-30%高いという顕著な差があります。この大きな価格差は、千葉市内で土地の需要が特に高い地域であることを示しています。

京成千葉線(48.5万円/坪)の路線価は平均48.5万円/坪に達し、千葉市全体の直近3年間の平均である32.4万円/坪と比較して30%以上も高く、この大幅な差は千葉市内で最も希望される住宅地の一つであることを示しています。この地域の土地価格は、良好な生活環境を求める人々による強い需要によって引き起こされていることが示唆されます。

商業地の価格相場の特徴

JR内房線(149万円/坪), JR外房線(148万円/坪), JR総武本線(162万円/坪), JR総武線(153万円/坪), JR総武線快速(177万円/坪), 千葉都市モノレール1号線(192万円/坪), 千葉都市モノレール2号線(173万円/坪)の路線価は平均164.9万円/坪に達し、千葉市全体の直近3年間の平均である105.4万円/坪と比較して30%以上も高い、この大幅な差は千葉市内で最も希望される商業地の一つであることを示しています。この地域の土地価格は、ビジネス拡大や投資の機会を求める企業や個人による強い需要によって引き起こされています。

工業地の価格相場の特徴

JR外房線(18.9万円/坪), 千葉都市モノレール1号線(19.5万円/坪)の路線価は、千葉市全体の直近3年間の平均である16.3万円/坪よりも10-20%高い水準を示しています。この顕著な価格差は、千葉市内で特に工業活動が活発なエリアであることを示しています。交通の利便性、製造施設の近接性など、工業投資者にとって魅力的な要素が多いです。これにより、千葉市内でも特に価値の高い工業用地市場となっています。

JR京葉線(20.7万円/坪)の路線価は平均20.7万円/坪に達し、千葉市全体の直近3年間の平均である16.3万円/坪よりも20-30%高いという顕著な差があります。この大きな価格差は、千葉市内で特に工業地の需要が高い地域であることを示しています。

エリアごとの路線価の動向を調べる

住宅地 路線価 前年比 地点数
千葉市中央区 36.9万円/坪 +5.3% 75
千葉市花見川区 36.1万円/坪 -3.7% 51
千葉市稲毛区 39.0万円/坪 +9.4% 45
千葉市若葉区 22.4万円/坪 +3.8% 50
千葉市緑区 18.9万円/坪 +8.2% 29
千葉市美浜区 45.2万円/坪 +2.0% 14
商業地 路線価 前年比 地点数
千葉市中央区 132万円/坪 -4.6% 47
千葉市花見川区 69.6万円/坪 -3.4% 4
千葉市稲毛区 96.1万円/坪 -0.5% 8
千葉市若葉区 45.4万円/坪 +23.0% 4
千葉市緑区 42.0万円/坪 +22.2% 3
千葉市美浜区 72.9万円/坪 +18.3% 8
工業地 路線価 前年比 地点数
千葉市中央区 17.0万円/坪 +6.4% 3
千葉市花見川区 13.4万円/坪 +3.2% 4
千葉市稲毛区 13.8万円/坪 +2.0% 3
千葉市緑区 12.2万円/坪 +3.3% 1
千葉市美浜区 20.7万円/坪 +4.7% 8
林地 路線価 前年比 地点数
千葉市緑区 0.5万円/坪 -0.5% 1

沿線・駅ごとの路線価の動向を調べる

住宅地 路線価 前年比 地点数
JR京葉線
(JR)
36.7万円/坪 +2.4% 27
JR内房線
(JR)
28.7万円/坪 +11.6% 67
JR外房線
(JR)
26.8万円/坪 +12.7% 83
JR総武本線
(JR)
28.6万円/坪 +11.2% 70
JR総武線
(JR)
40.8万円/坪 +7.2% 111
JR総武線快速
(JR)
34.0万円/坪 +12.7% 68
京成千原線 29.6万円/坪 +10.6% 12
京成千葉線 48.5万円/坪 +21.3% 10
京成本線 18.5万円/坪 +0.8% 18
千葉都市モノレール1号線 31.2万円/坪 +17.1% 40
千葉都市モノレール2号線 28.5万円/坪 +11.0% 76
商業地 路線価 前年比 地点数
JR京葉線
(JR)
71.7万円/坪 +10.6% 8
JR内房線
(JR)
149万円/坪 -4.0% 39
JR外房線
(JR)
148万円/坪 -0.6% 40
JR総武本線
(JR)
162万円/坪 -3.5% 34
JR総武線
(JR)
153万円/坪 +1.5% 42
JR総武線快速
(JR)
177万円/坪 -2.7% 33
京成千原線 40.1万円/坪 +2.8% 2
京成千葉線 61.8万円/坪 +3.6% 2
千葉都市モノレール1号線 192万円/坪 -5.1% 27
千葉都市モノレール2号線 173万円/坪 -1.8% 31
工業地 路線価 前年比 地点数
JR京葉線
(JR)
20.7万円/坪 +4.9% 9
JR内房線
(JR)
14.1万円/坪 +4.9% 3
JR外房線
(JR)
18.9万円/坪 +6.9% 1
JR総武本線
(JR)
13.7万円/坪 +1.0% 2
JR総武線
(JR)
13.5万円/坪 +4.4% 5
JR総武線快速
(JR)
14.2万円/坪 +4.1% 1
千葉都市モノレール1号線 19.5万円/坪 -23.7% 4
林地 路線価 前年比 地点数
JR外房線
(JR)
0.5万円/坪 -0.5% 1

相続税の基礎知識

相続税とは

相続税とは、亡くなった親などから、お金や土地などの財産を受け継いだ(相続した)場合に、その受け取った財産にかかる税金です。 相続した財産が大きいほど相続税額は大きくなります。 そのため、生まれた家庭の経済状況による差を縮小させ、資産を再分配することにより多世代に渡る格差の固定化を防止する機能があります。

相続税の申告および納税が必要な場合

どのような場合に相続税の申告および納税が必要になるのでしょうか。 相続税は、「相続財産等の合計額」が遺産に係る基礎控除額(法定相続人の人数により変わる)を超える場合に必要になります。 なお、基礎控除額を超えない場合でも、遺産分割の内容によって相続税の申告が必要となる場合があります。

相続税の申告および納税

相続税の申告が必要となった場合、通常、被相続人が亡くなった日の翌日から10か月目までに、税務署に相続税の申告書を提出し、納税する必要があります。 提出期限に遅れた場合、加算税および延滞税がかかるため注意する必要があります。

なお、相続時精算課税を適用した財産について既に納めた贈与税がある場合は、還付を受けることができます。 また、相続税を金銭で一時に納付することが困難な事由がある場合には、例外的な納付方法である延納または物納が認められています。

相続税は、次のような財産に対して課税されます。

・被相続人が所有していた財産

土地、建物、株式などの有価証券、預貯金、現金などの全ての財産が相続税の課税対象です。 例えば、日本国外に所在する財産、亡くなった方の家族名義の財産なども相続税の課税対象です。

・みなし相続財産

亡くなった方の死亡に伴い支払われる「生命保険金」や「退職金」なども、相続税の課税対象です。 ただし、「生命保険金」や「退職金」のうち、一定金額までは非課税となります。

・相続時精算課税適用財産

亡くなった方から生前に贈与を受け、贈与税の申告の際に相続時精算課税を適用していた場合、相続税の課税対象です。 この場合、相続開始の際の価額ではなく、贈与の際の価額が相続税の課税価格です。

・相続開始前3年以内に取得した暦年課税適用財産

亡くなる前3年以内に贈与を受けた財産は、相続税の課税対象です。 この場合、相続開始の際の価額ではなく、贈与の際の価額を相続税の課税価格に加算します。

なお、亡くなった方の「債務(借金)」と、葬式に際して発生する「葬式費用」は、相続財産の価額から差し引かれます。 「葬式費用」とは、お寺などへの支払、葬儀社などへの支払、お通夜に要した費用などが含まれます。なお、墓地や墓碑などの購入費用、香典返しの費用や法要に要した費用などは、葬式費用に含まれません。

人口推移に基づく土地価格相場の将来見通し

千葉市における将来の人口推計の予想(将来推計人口)は以下のとおりです。 このデータは、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域別将来推計人口(令和5(2023)年推計)」に基づいています。 この人口推移予想に基づき、千葉市における土地価格の将来見通しを予想することができます。

千葉市では、2020年から2035年までに人口が-3%から-8%減少(-3.0%)すると予測されています。このような人口減少は、土地市場に大きな挑戦をもたらし、需要の減少と共に価格は顕著に下降する可能性があります。市場は不安定になる可能性が高く、土地価格の下落が顕著になることが予想されます。

千葉市は、2020年から2035年までに人口が-3%から-8%減少(-3.0%)すると予測され、千葉県の減少傾向(-3.3%)と同様、市場は大きな挑戦に直面します。需要の減少による価格の下降は市場の不安定化を意味し、慎重な投資戦略が必要となります。

千葉市 将来推計人口


将来人口推計(人口の予測)

千葉市の将来人口推計(人口の予測)

人口推計を確認することにより、千葉市における土地価格の将来的な(長期的な)動向を予測することができます。例えば、人口が増加すると土地価格は上昇する傾向にあります。一方、人口が減少すると土地価格は下落する傾向にあります。

人口 (万人) 増減率
2050 89.7 万人 -1.81%
2045 91.4 万人 -1.74%
2040 93.0 万人 -1.65%
2035 94.5 万人 -1.46%
2030 95.9 万人 -1.20%
2025 97.1 万人 -0.41%
2020 97.5 万人 -

千葉県の将来人口推計(人口の予測)  
詳細を表示する

人口推計を確認することにより、千葉県における土地価格の将来的な(長期的な)動向を予測することができます。例えば、人口が増加すると土地価格は上昇する傾向にあります。一方、人口が減少すると土地価格は下落する傾向にあります。

人口 (万人) 増減率
2050 569.0 万人 -2.31%
2045 582.4 万人 -2.21%
2040 595.6 万人 -1.98%
2035 607.6 万人 -1.66%
2030 617.9 万人 -1.27%
2025 625.8 万人 -0.42%
2020 628.4 万人 -

提供する土地価格情報について

土地の価値をあらわす「価格指標(評価額)」は、以下の4種類に整理することができます。

時価(実勢価格)
過去に実際に市場で売買された土地の平均価格。「時価」といわれます。
公示地価(公示価格)
国土交通省から毎年3月下旬頃に発表される、毎年1月1日時点の土地の価値を算定した価格(土地評価額)です。一般の土地取引における客観的な地価の目安とされる金額です。
千葉市の地価・土地価格(公示地価)
路線価(相続税評価額)
国税庁から毎年7月上旬頃に発表される、路線(道路)に面する標準的な宅地の価値を算定した価格(土地評価額)です。 土地の相続税や贈与税の計算時に用いられる土地の評価額となります。 公示地価の概ね8割を目処として設定されると国土交通省より発表されており、公示地価の80%程度が目安となります。
千葉市の路線価(相続税路線価、相続税評価額)
固定資産税評価額
固定資産税を算出するための評価額として国税庁が算定する価格です。 概ね、公示地価の70%程度が目安となります。固定資産税は基本的に3年ごとに評価替えがあります。 土地の固定資産税は、固定資産税評価額に1.4%を掛けて算定します。 なお、住宅やアパート等の土地(住宅用地)の場合は、固定資産税の減免・軽減措置が適用される場合があります。
千葉市の固定資産税評価額

『トチノカチ』が提供する『地価』は、以下の「公示地価」および「都道府県地価調査」データ(以下、参照)に基づき計算しています。 『路線価』および『固定資産税評価額』は、それぞれ「公示地価』の『8割』および『7割』として計算しています。

地価公示 都道府県地価調査
実施主体 国土交通省 土地鑑定委員会 各都道府県 知事
調査方法 不動産鑑定士2名による鑑定評価 不動産鑑定士1名による鑑定評価
価格の性格 1月1日時点の正常な価格(売手にも買手にもかたよらない客観的な価格) 7月1日時点の正常な価格(売手にも買手にもかたよらない客観的な価格)
価格の内容 標準地(更地)1㎡当たりの価格 標準地(更地)1㎡当たりの価格
公表内容 所在、価格、地積、土地利用状況、駅への接近状況等 所在、価格、地積、土地利用状況、駅への接近状況等
公表時期 3月 9月
調査地点 全国約2.6万地点 全国約2.3万地点

トチノカチの安心・安全への取り組み

国土交通省 トチノカチは、国土交通省 土地鑑定委員会が提供する最新データに基づき公示地価、路線価(相続税評価額)、固定資産税評価額を提供します。
安心取引 トチノカチは、誰もが安心して不動産取引を行えるように、個人情報保護に留意しながら品質の高い不動産価格情報の提供に取り組みます。
情報秘匿 トチノカチは、情報の信頼性を高め、ユーザのみなさまに安心して土地相場をお調べいただけるよう、様々な取組みを行なっています。

メディアへの掲載について

『トチノカチ』は、全国の様々なエリア、駅周辺の公示地価、路線価(相続税評価額)および固定資産税をお調べいただける『土地の価格』に関する国内最大規模の無料のウェブサービスです。 トチノカチにおける土地の価格情報は、国土交通省の最新の地価公示、都道府県地価調査に基づき算定しています。

本ウェブサービスは、土地の売買に関心のある方だけでなく、相続税、固定資産税など多くの方々に土地価格を身近に感じて頂き、広く活用いただくことを目的としています。 弊社では、新聞、雑誌、ウェブメディア等の様々なメディアの各種記事において活用できる各種不動産情報の提供を積極的に行っております。 提供可能な不動産情報の内容、提供条件等についてはお気軽に『お問い合わせフォーム』からお問い合わせください。

運営会社

運営会社 ウチノカチ
ウチノカチ 全国25万地点、2万以上の沿線・駅周辺のマンション、住宅、土地および賃貸物件の価格相場・価格推移・動向、家賃相場・家賃推移・動向を提供する不動産メディア
トチノカチ 国土交通省の地価公示に基づき、全国1万のエリア・駅周辺の公示地価、路線価(相続税評価額)、固定資産税評価額を提供する不動産メディア
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6
電話番号 050-5899-8351
(※お問い合わせフォームからお問い合わせください)
サービス開始 2014年11月
ミッション 過去のマンション、土地、住宅の取引情報に基づき、日本中あらゆる地点の不動産価値を見える化し、ユーザーへ適切に提供すること
サービス

『トチノカチ』は、中古マンション、中古住宅、土地価格相場サービスを提供する『ウチノカチ』が提供する、 地価公示、路線価(相続税評価額)、固定資産税評価額に特化した地価情報サービスです。

ご利用条件等は、ウチノカチの 利用規約 および プライバシーポリシー をご確認ください。 サービスおよび掲載情報についてのお問い合わせはウチノカチのお問い合わせ窓口までお気軽にお問い合わせください。

一部の記事において、アフィリエイトプログラムの広告収入を得ており、提携企業のサービスを申し込んだり、問い合わせたりすると、売り上げの一部がウチノカチに還元されることがあります。サービス内容については、公式サイトの情報を確認してください。